カテゴリー: 未分類

通学と通信講座の違い

公務員試験を受けるにあたり、専門学校に通うのが一般的ですが、中には学校に通えない人もいます。公務員にも種類があるので、中には専門学校に通わないと受験資格を得られないものもありますが、通信講座での受講が可能なら、通信教育で学ぶという選択肢もあります。中には通学でも通信教育でも両方学べるものがあります。それぞれのメリットとデメリットを比較してみます。

通学講座は、目の前で直接指導が受けられます。わからないところがあっても、その場かもしくは授業の終わりに質問できるから、疑問を残したままという事を防げます。入学するには試験を受けますが、この場合受験料、さらに入学する時は入学金、授業料など少し費用がかかります。自宅から学校まで遠い場合は、通学時間も考えておかないといけません。

通信講座は、通学講座に比べて費用は安く済みます。空いた時間で自分のペースで学べるから、働きながら公務員を目指す人にもおすすめです。ただし時間配分や勉強する時間は自分で作らないといけません。わからないところは、添削などで教えてもらえますが、その場で解決できないのはデメリットです。時間を有効的に使えるのはメリットですが、きちんとスケジュール管理をしないと、期間内に修了できません。

関連ホームページ<公務員講座 – 資格の大原>

専門学校のメリット

公務員試験に合格するための専門学校ですから、学科によって学ぶ内容は異なりますが、専門的なことが学べるので、試験には役立ちます。専門学校にもいろいろありますが、生活スタイルによってコースを選べる学校はメリットも多くなります。働きながら公務員を目ざす場合は、夜間コースがある専門学校がオススメです。

専門学校に通うメリットは、効率よく集中して学べる事です。試験対策や傾向などもわかっていますから、無駄なく学べるのは大きなメリットです。専門学校によっては、受験や入学する前に、オープンキャンパスで体験する事もできます。体験学習や、実際に学んでいる様子を見学するなど普段は見られない勉強風景なども見る事ができます。

学校の雰囲気がわかっていると、専門学校を選ぶ時にも便利です。公務員と知っても種類がたくさんありますから、それにより学ぶ内容も違います。試験も異なり、超難関や比較的合格しやすいものまで、それぞれに学ぶ事も変わってきます。専門学校選びに迷った時は、ネットでも情報収集できますし、資料請求は無料だから多くの資料を集め比較してみてください。情報量は少ないより多いに越した事はありません。自分に合った専門学校を見つけてください。

専門学校の選び方

公務員になるためには、目指す職種により試験の難易度は変わってきます。学校に通いながら、独学で学び試験を受けるという事もできますが、難易度が高い公務員試験は、独学では限界があります。中には社会人になってから、考え直し公務員を希望する人もいますが、合格率を高めるために、専門学校に通うのも選択肢の一つです。ただし願書を提出するにも受験資格がありますので、それは事前に確認しておきます。願書を提出しないと試験は受けられませんので注意してください。

公務員試験を受ける前に、専門学校に入学する試験を受けなければいけません。試験については、どの学科を受験するかによっても変わってきます。専門学校はだいたい2年間通いますが、学科によっては3年コースや4年コースもあります。専門学校に通えば絶対合格できるというわけではありませんが、専門的な勉強ができるから、合格率は高くなります。

希望する専門学校が見つかっても、それが自分の住んでいる地域から遠い場合は、通学できる範囲かどうかも考えておきます。通学が難しい場合は、引っ越すか他の方法を考えないといけません。中には働きながら公務員を目指す人もいます。こういう場合は昼間働いて、夜学べる夜間コースがあると安心です。

公務員の種類

公務員になるには試験を受け合格しなければいけません。民間企業で働くのに比べて、資格が無いと働けないので難易度は上がりますが、その分安定を得る事ができます。公務員ではなく、民間企業に就職しても、頑張り次第では年収も増え、出世すれば役職につく事もできます。しかし民間企業で働く場合、倒産やリストラが絶対ないという保証もありません。公務員なら資格は必要ですし、誰でもなれるとは限りませんが、倒産やリストラの心配はしなくて済みます。

公務員と言っても実際にはいろいろな種類があって、その数だけ試験内容も異なります。公務員試験の中でも一番難しいとされる、国家公務員一種や、国家公務員試験総合職は最も難易度が高く、合格率も低いです。財務専門官や、市の役員として働く場合は、国家公務員に比べて難易度は少し下がりますが、それでもかなり難しい試験ですし、倍率が高いので楽ではありません。市役所の職人にかんしては、地域による違いもあるため、難しい事もあれば、比較的難易度が低くなるケースもあります。

難易度としては中くらいですが、国家公務員一般職、消防官、法務教官はきちんと勉強していれば、それほど難しい事はないと言われています。次に狙いやすいのが、警察官採用試験、刑務官です。逆に比較的難易度が低く、試験に合格しやすいと言われているのが、自衛官や図書館司書です。いずれも公務員ですから、試験に合格すれば安定した収入を得る事ができます。